漢方医学では、証と合わせて、体内のバランスを「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」という3つの状態に分けて判断していきます。


この三要素は、体の働きを保ち、不調の原因を測るものさしのような役割をしています。


◎気とは

 目には見えない、生命エネルギーのことを指します。例えば「元気」などの「気」のことを表しています。

 主に自律神経系の働きのような役割を果たしています。


◎気の乱れと不調

「気虚」は疲労倦怠感を感じやすくなります。

無気力や疲労感、食欲不振などが表れてきます。


「気滞、気鬱」は自律神経のバランスや調節がうまく行かず精神的に不安定になりやすい状態です。

抑うつ、不安、呼吸困難などが症状として表れやすくなります。


「気の上衝」は気のアンバランスから、気が逆流している状態のことを言います。

主に、頭痛、めまい、のぼせなどの症状が出てきます。


◎血とは

血液やホルモンなどのことを指します。


血流や血の働きなどにより、全身を巡り、様々な組織に栄養や影響を与える働きをします。

血によって気や水の機能を調整し、生命の維持を保っているのです。


◎血の乱れと不調

「於血」は血の流れが悪くなることを言います。


貧血や皮膚の栄養不良、肩こり、生理痛が表れることが多いです。


「虚血」は血が不足した状態を言います。

月経異常や顔色が悪い、肌や髪、爪の状態が悪い、足がつるなどの症状が表れやすいです。


◎水とは

主に血液以外の体内の体液を差し、リンパやリンパ液など、免疫系を司ります。

日本は湿気が多い気候のため、この水が滞り不調を訴える人が少なくありません。


◎水の乱れと不調

「水毒」とは体内に存在する水分が、必要な所には水が行き渡らず、余分な所に水が溜まった状態を指します。


息切れ、咳、頭痛などの症状が見られます。


「水滞」は余分な水分が体内のあちこちにたまり、毒のようになっている状態を言います。

体のむくみ、関節に水が溜まる、胃の中に水が溜まっているような感覚などの症状がみられるようになります。



トップページへ戻る