漢方薬を処方する際に行われる診察は体全体を見る「証」という概念を持っていることが特徴です。これは患者の体質のことを表しており、体全体の調子を整えるという考え方がもととなっています。そのため、診察方法も西洋医学とは異なり、「四診」という独特の方法を以て、医師が五感を使って、患者の体全体の状態を測っているのです。


1.望診(ぼうしん)

 体全体を目で見て、状態をみることを言います。体型や顔色、肌や爪の色や状態、髪の毛の状態、表情などをくまなくチェックしていきます。その中でも漢方独特で特徴てきな望診として「舌診(ぜっしん)」という、患者の舌をチェックする診察の仕方があります。


 舌の状態を見ることで、貧血やむくみ、胃腸の状態を診るだけでなく、淤血(おけつ)かどうかを見ていきます。淤血という状態はうっ血や血行障害などで、体内の血行が悪く、ドロドロとした状態のことを指します。こうした全身を目視していくことで、患者の全体を診察していきます。


2.聞診(ぶんしん)

医師の嗅覚と聴覚を使って、患者の体の音や臭いをチェックしていきます。医師は声のトーンや呼吸の様子、咳の有無、お腹の音を確認するとともに、口臭や体臭の臭いもチェックしていきます。


3.問診(もんしん)

患者の病気の発症時期や症状を聞くだけでなく、月経や便通の状態、冷えの有無、既往症などの確認をしていきます。また、生活習慣や嗜好品などの確認をして、体の全体的な状態だけでなく、ライフスタイルを含めチェックしていきます。


4.切診(せっしん)

 医師が患者の体に直接触れて診察することです。患者の脈をとり、脈の深さや速度を確認していく脈診(みゃくしん)を行います。


 脈をとるのは手首だけでなく、体の様々な部分にも触れ、脈を測っていきます。また、腹部に触れて、腹圧や腹部の緊張状態、動悸や圧痛を確認していく腹診という方法を取り、切診していきます。


 漢方薬を処方する時には、医師はこうした漢方医学独特の「四診」を行い、患者の体の「証」を見ることで、体全体の状態を把握するだけではなく、例えば「風邪をひきそうな状態」など、体調を崩す前の「未病」という状態を察知し、今後発症しそうな病気やトラブルを未然に防ぐことができるのです。



トップページへ戻る