睡眠サプリの効能

漢方薬は日本の伝統医学

漢方薬の発展

 漢方とは古代中国で、自然界に存在する植物の草根木皮や動物、鉱物などを使った生薬で、風邪や下痢、痛みなどの治療に使ってきたのが始まりです。

 5~6世紀ごろ、日本に伝わり、漢方薬は独自の進化を始めます。特に江戸時代の鎖国によって、漢方は大きく独自発展をするようになります。当時伝わった「蘭方医学」と分けて考えるために「漢方医学」「漢方薬」と呼ばれるようになりました。


その漢方の成分を取り入れて作られている睡眠サプリもあります。ここでは、漢方について見ていきます。


 漢方医学は中国医学とも異なり、日本独自の伝統医学なのです。


 明治時代以降、西洋文化とともに、医師免許規制など法規制や医療制度改革が進み、西洋医学がもてはやされるようになり、一度漢方薬は断絶の危機を迎えることになります。大正時代になって、「医界之鉄椎」により西洋医学の短所が指摘され、漢方医学の重要性が見直されることになりました。


 その後も日本の医薬品等の法規制により、漢方医学の成分分析が進みました。こうした多くの医師や薬剤師の研究を重ね、日本独自の漢方医学、漢方薬として発展してきました。


漢方薬の特徴およびその処方

 日本の漢方薬は、中国では通常使われないような配合、処方での組み合わせで処方ができるようになったことから、中国人が買い付けにくるという、逆転現象が起こっているのです。


 漢方薬は病気を体全体の不調和としてとらえ、医師は患者の体調や体力の強弱など、全身の状態の判断と合わせ、腹診、脈診、舌診を行い、生薬を調合して処方します。現代では西洋医学に加え、こうした漢方医学独自の診察も兼ね備え、患者個人に合わせた漢方薬や治療を行っています。


 現在では生薬そのものではなく、煎じ薬やエキス顆粒、丸薬などを処方されており、服用しやすくなっています。漢方薬では生薬を数種類、配合し処方するため、ドクダミ茶などの一種類の薬草を用いて飲用する民間療法とも分けて考える必要があります。


 また、こうした生薬のエキスの効能をうたって、サプリメントして販売している場合もありますが、これらもあくまでも健康補助食品ですので、漢方薬とは異なります。漢方薬を処方できるのは医師と漢方薬局です。


医師の処方箋がある場合は保険の対象にはなりますが、あくまでも西洋医学に基づいた処方となるため、漢方薬局で処方された漢方薬の方が、症状にあったという声を聞くことも少なくありません。


こうして伝統医学として中国から渡来してきた生薬は、日本人が手を加え、日本独自の薬品として今も現代人である私たちの身近な薬として、今もなお発展し続けているのです。


本サイトの意義

このサイトでは詳しく漢方薬や漢方医学についての考え方などを、わかりやすく説明していきます。私たちの身近にある漢方薬を使って健康的に過ごすお手伝いができれば幸いです。


睡眠サプリも和漢成分を効率よく取り入れることで不眠改善へと繋げています。薬を飲むほどでもないけれど、寝つきが悪くなったと思われているのなら、まずは睡眠サプリで質の良い睡眠の見直しを行いましょう。